LiSKのvoteをやってみた

11月1日にLiskの半減期(正確には報酬減)が来ましたが肝心のLiskの価格は全くといって良いほど無風でした。

それどころか価格が上がると期待していたのに上がらず失望売りがでてしまいその結果まさかの価格低下という減少が起こってしまいました。

いやーこれはしばらくガチホするしかないでしょうかね。笑

そんな愛嬌たっぷりで保持者を困らせるLiskちゃんですがこの通貨特有のvoteというものがあるのでそれを実施しました。
voteについて知らないという方は下の説明をご覧ください。

voteとは?
そもそもLiskはBTCのようなマイニングの仕組みがありません。
DPoS(Delegated Proof of Stake)という承認システムを採用しております。
このシステムでは選ばれた承認者が承認をする仕組みになっています。
承認者を選ぶ際に候補者の中から最大で101人が当選することができ、その代表者に投票することがvoteと言います。

でもこのvoteをしても自分がマイニングするわけじゃないから報酬は貰えなくない?と思った方、その通りです。
マイニングして稼ぐためには代表者になる必要があります。しかしその代表者になるためには候補者は票を集めないといけません。
そこで候補者はマイニングの一部を投票してくれた人に還元しますよ。と公言をしている人がいます。
これによって投票をする人も報酬の一部を受け取ることができるため、Liskの承認システムは間接的な民主制の承認システムと言われています。

候補者の中から還元率の高い人や還元までの期間が早い人を選ぶには以下のサイトを参考にするとわかりやすいです。
https://lisk.builders/votemanager/

また、こちらのvoteを実施するにはLiskhubというLiskのウォレット作成を行いアドレスを取得する必要があります。
LiskhubはLiskの公式サイトからダウンロードできます。
https://lisk.io/hub

また、Hub(nanoウォレットでも可能)に所持しているLiskの量に応じて報酬としてもらえるLiskは変化します。多ければその分多くの報酬がもらえるようです。
以下のサイトでは自分の所持しているLiskの量を入力すればもらえる報酬の目安が示されます。
http://earnlisk.com

私の場合は約2000のLiskを持っているので、理論報酬は毎月18Liskもらえるようです。(半減期前の値なので今はもっと減少している可能性があります)

報酬をいただくためには1Liskや3Liskなど一定の水準までいかないとウォレットに払い出しがされませんが払い出しされる前のどこまでLisk報酬が貯まっているかを確認するのは以下のサイトに自分のウォレットのアドレスを入れれば確認ができます。
https://lisk.support/lisk-pending/

私は10月28日の夕方からvoteを開始しましたが、11月3日現在の報酬状況は以下の通りです。

6日で約2.5Liskの報酬が貯まっている状況です。
つまり1ヶ月に換算すると12.5Liskです。
うーん、理論値よりは明らかに低い値ですね。
ただここに開示していないマイナーもいますし、一定の期間が来ると急に報酬が貯まったりするのでとりあえず最低でも1ヶ月間は様子をみてみようかと思います。

なお、voteを行う際には1Liskの手数料を支払うことで33人までの候補者に投票を実施することができます。
つまり4Lisk支払えば101人全員分の投票を行うことができますので私は4Liskを最初にvoteにまわしました。

現在の価格からすれば4Liskで1200円ちょっとなので先に投資に回しておくには全員分実施しても良いかと思います。

ということで、今日はLiskのVoteの状況を紹介させていただきました。

まだ始めて1週間程度なので分かりませんが、月1%でも利益になるのなら年率12.7%近くになるのでLiskが安いうちはコツコツLiskを増やしていこうかと思います。

コメントを残す