FJコインのロックアップに参加したときの話。

久しぶりの投稿です。
いやー、仮想通貨の暴落が止まらないですね。
暴落はBCHのハッシュ戦争によるBTCの投げ売りがきっかけと聞いていましたがそれ以外にも色々な要因が重なりしばらくは復活する気配がなさそうですね。

そんな状況で、私も当然資産は激減しました。
といっても資産と言えるほどの金額を持っているわけではないのですが。笑

ただ、私は今回のBTC暴落がきっかけで資産を減らしたのではありません。
資産を激減させてしまった理由、、それは今回のタイトルにあるFJコインが大きな理由です。BTCの暴落なんて比にならないくらいの暴落っぷりを見事にくらってしまいました。
今日はその体験のご紹介です。

FJコインはFコインの日本版と言われており、今流行りの配当報酬をウリとして上場したコインです。

FJコインのホルダーは取引手数料の一部を配当としてもらえる仕組みですが、配当をもらうためにはロックアップをしないといけません。

このロックアップという行為を行うとロックアップされた分のコインは一切売買の取引ができなくなります。ロックアップの解除はいつでも申請ができますが、実際に解除されるのには24時間も時間がかかってしまいます。
そのため、コインが暴落していてもすぐに売ることができず、24時間経つまではただ指をくわえて見ていることしかできないのです。

私の場合はもともと配当狙いではなく、配当を目的としてコインの需要が高まる時を狙ってコインを全て売ろうと考えていました。その時のチャートはこちらです。

私は青丸のところでFJコインを60万円分購入しました。
0.0125ドル程度の金額で購入したため、42万程度のFJコインを購入することとなりました。

11/5の0:00時点までにFJコインをロックアップすると配当がもらえるという仕組でした。配当はこれまでの取引分全て(5日分程度)が今回のロックアップ分にかかるということで内容としてはロックアップしたFJの70%程度が帰ってくるというとても大きなものでしたので、ロックアップするユーザーも多いと踏んでいました。そのためロックアップを目的として最後の駆け込み需要で価格が上がると考えていました。

しかしチャートの通り、11/5の0:00になるまでに価格が上がるかと思いきやむしろ下がっていく一方で、私は結局FJを売れず、仕方なしにロックアップしました。きっと同いことを考えていたホルダーが売ったのかもしれません。

ロックアップした時点での分配される原資は1164.095BTCと大きなものでした。
その原資が0:00までにロックアップされた1,278,522,093FJに配当されました。
結果、1JFあたり0.00000091BTC=0.66円の配当が出ました。
そのため私は28万円分の配当を得ることになりました。日本円で換算すると高値で購入した割には50%近くが配当で返ってきました。

初回の配当はとても多かったのですが、翌日からはストック分がなくなるため前日の取引で溜まった手数料分のみが配当として分配されました。そのため、収益率というのは以下のようにどんどんと低くなっていきました。

初日の分配BTC   1164.09500067 BTC
2日目の分配BTC 29.71568679  BTC
3日目の分配BTC 43.984689979158085710  BTC
4日目の分配BTC 45.298104504421949559  BTC
5日目の分配BTC 
49.225507947548278973  BTC
6日目の分配BTC 55.953598483598510569  BTC
7日目の分配BTC 32.571690380047755845  BTC
8日目の分配BTC 14.324907508077282948  BTC
9日目の分配BTC 10.031990224035706572  BTC
10日目の分配BTC 8.890143317074945031  BTC

また、それに比較してFJの価格はどんどんと低くなっていくため売るに売れず、ロックアップ数は増えていくばかりです。

もはや配当としてのメリットはなく、私も数日した時点で持っているFJを全て売り払いましたが結果として残ったのは30万円程度でした。

資産が半分に減ってしまいましたが、数日で売ることができてまだ良かったかもしれません。というのも今のFJのチャートを見てみると以下の通り、大暴落しています。

本日時点でのFJの価格は0.000768USDTです。
自分が購入した時と比べると1/10以下まで下がりました。
これは本当にヤバいやつです。。

そのためFJコインは長期的な配当収入を目的とする場合は、大暴落している今から購入するのもアリかもしれませんが、何かしらの材料がないと今後FJの価格が上がる見込みがありません。

計画としてはレバレッジや新しいトークンの導入が12月中に実施されるみたいですが、それによってどれだけのユーザーが参加するのか現時点ではなんとも言えません。ショートが使えるようになればユーザーが増えるかもしれませんが。笑

ちなみにFJについて投資リターンを検証しているブログがあったので参考までに載せておきます。
https://www.token-economist.com/2018/11/27/fcoinjpのfjトークンの投資リターンを検証「fjトークンは/

ということで今回のFJコインの購入はとてもとても苦い経験となりました。
今後新しい上場案件には気をつけていきたいと思います。。

コメントを残す